1. Home
  2. Destiny Catastrophe or Ribirth
Read More

Destiny ~Catastrophe or Ribirth ~ 4

 4日間で四大元素の魔術の基本をマスターし、そして4日目にして炎系魔術の上級術『ダークフレイム』を発生させられることが出来た私は、これまでの講義と合わせて行使できる術が以前とは比べ物にならないくらいに増えていた。 今までは巫女として必要な治療術と占術のみだったのだけど、現在では8種の攻撃魔術・5種の治療術を習得するまでに至ったのだ。 魔術書には更に幾種類もの術が記載されているので、職務の前の講義時間に教わるのだろうと私はそう考えていたのだけど。 講義を受け始めてから2週間。「初心忘るべからず」というカオス様の理念の下、四大元素以外の術にはまだ触れず、私は基礎をみっちりと学んでいた。   第四章 旅立ちの時 そんなある日のこと。 「・・・ふむ。リリアは数ある魔術の中、既に13種の術を会得したか・・・」 カオスは神殿最奥部でポツリと呟いた。 「なかなかの上達ぶりではないか?」 そうは思わぬか?と、彼は傍らに跪く己の使い魔に意見を求め問いかける。 「はい。こうも習得が早いとは私も考えておりませんでした。 やはり、彼女は間違いなく・・・」 頭を垂れたまま、サラマンダは主の問いに答える。それを聞いたカオスはしばし思案した後 「・・・世界の命運が近い、か・・・」 これからリリアに起こりうる試練を思い、目をゆっくりと閉じた。 「・・・我が元から旅立つときは近いな」 「・・・カオス様・・・」 リリアの旅立ちの時を感じカオスは一抹の寂しさをもらすと、サラマンダは面を上げ主君を見やった。 神と魔の両極性を持つ者が寂しさを感じるのは意外かもしれない。 だが、リリアとカオスは、彼女が神殿に巫女としてやってきて以来毎日顔を合わせ会話し、時には兄妹のように過ごしてきたのである。 寂しさを感じるなという方が無理であろう。 己の主の心情を慮り、サラマンダは一礼をしその場を後にした。 カオスが少々メランコリックになっていたその時。 ルキアは、いつ、リリアを神殿から連れ出そうかと自室で思案していた。 すぐにでも生活できるように匿う先の確保は出来ている。だが、懸念材料がある。 リリアは一族の神殿に仕える巫女である。そこから連れ出し、人界に匿い人として暮らさせるにしても、当然、彼女を連れ戻そうと追手がかかるかもしれない。 なんとかそれだけは避けなければならない。そのため、この事は誰にも悟られず、かつ、首尾よく手筈を整えなければならないのだ。 「さて。どうしたものか・・・」 ここ最近、リリアは巫女としての職務以外にも何やらカオス様の元で用事があるようで、神殿に拝謁した時ぐらいしか会えないのが現状だ。 「うーん・・・。なかなか妙案が浮かばないな。まだ実行するときではないのか・・・?」 彼は眉根を寄せ、頭に手を当てると髪をクシャっと掻き深くため息を漏らした。 「・・・気晴らしに、散歩にでも出るか」 そう言うとルキアは自室を後にし、物憂げな表情のまま、心の赴くままに足を運んでいく。 どれだけ歩いたのだろうか。 気が付けば遺跡の中でも最奥の場所にルキアは辿り着いていた。 そこは居住区からは遠く離れており、遠くには荒野が望める場所。 辺りには、崩れかけている城壁があったり所々にレンガが落ちている。誰かが修復作業中なのか?などと考えながら周囲を眺めながら歩いていると・・・ ドンッ! 「うわっ?!」 「ひゃっ!?」 何かにぶつかりその拍子にルキアはその場に腰を付いた。 そしてその何かが彼の上に倒れ込む。 「あいった~・・・」 転んでしまい状況が把握できないのか、そのナニカはぶつけたところを軽くさすっている。それは・・・ 「・・・あれ?リリア?」 自分の上に覆いかぶさっている人物は、先ほどまで彼を悩ませていた張本人だったのである。 「へ?あれ、ルキア?」 遺跡のはずれで会うとは思いもよらず、お互いに目を丸くした。 まるで、「ここで何をしてるの?」と言わんばかりに。 状況がよく分からぬまましばしそのままの状態でいたが、ルキアは漸く事態を把握するとほんのりと顔を赤らめた。...
2021年12月4日Novel二階堂悠理
Read More

Destiny ~Catastrophe or Ribirth ~ 3

 第三章 魔術 ふと目を覚ますと、そこは私の部屋だった。 「あれ?私確か大広間でそのまま寝ちゃったはず…」 枕元を見ると置手紙があり、それにはこう書かれていた。 『大広間で寝ていたから部屋まで送って行ったよ。風邪を引かないようにね。 まだ少し休んだほうがいいんじゃないのかい? 追伸:君が心配していた件だけど、大丈夫だったよ。 カオス様も、たまの休日を喜んでおられた。 ルキア』 どうやらルキアが部屋まで運んできてくれたらしい。 疲れが残っていてボーっとしていると、テラ達がやってきた。 「リリア様?大丈夫ですか?」 「え?」 「疲れがたまって、倒れこんだまま眠ってらしたのでしょう? ルキアさんがそうおっしゃっていました」 「うん、まだ少し疲れが残ってはいるけどだいぶ良くなったよ」 どうやらルキアが私を部屋に運んだとき、テラ達はその様子を見ていたようだ。 「でも素敵でした・・・眠り込んだリリア様を抱き上げるルキアさん。まるで、姫を守る騎士みたいでしたもの」 まだ幼さの残るテラには夢見がちなところがあるが、今回の出来事は彼女には『騎士』のように見えたのだろう。 それにしても・・・姫抱きだったのね・・・。私はてっきり肩に担いでかと・・・。うーん、気を遣ってくれたんだねきっと。 「あー・・・でも、何か考え込んでいたような顔してたわ」 ナディアは気になった点をポツリと言った。 「そういえば・・・そんな感じも見受けられましたわ・・・」 テラもナディアの話にうなずいた。 「?」 一体どうしたんだろう?少し心配だなあ。でもルキアに直接尋ねる訳にもいかないし。 「ところで私、どのくらいの時間眠っていたの?」 私はふと疑問に思っていた点を2人に聞いてみた。 「ええと・・・確か・・・・・・4時間ぐらいでしたよね、ナディアさん」 「そうだねえ・・・まあ、そのくらいだったわ」 4時間くらいか・・・・・・。まだ疲れが残っているのも無理ないか。 「じゃあ、今はまだ夕方ぐらいなのか。 ・・・・・・まだ疲れが残っているから、今日は早いけどもう休むわ私。明日も朝は早いし」 「それじゃ、あたし達はこれで」 「お休みなさいませ、リリア様」 「うん、おやすみ~」 2人が部屋から退室していくのを見届けた後、私はふと考えた。 ――――もしかしたら『思いつめていた』っていうのは・・・ この前ルキアの様子が少しおかしかったのも関係あるのかしら? そうは思っても、それ以上考えは浮かばないし、疲れの波が来て眠くなったので私は早々に床に就くことにした。 同時刻。リリアを部屋まで送り届けた後、ルキアは・・・・・・ 自室にこもって考え事をしていた。 「ふう・・・・・・」 それは恋を煩った者特有のため息であった。 ルキアは、自分の心にリリアに対する恋心が芽生えている事は自覚していた。だがその相手、リリアは幸いなことにまったく気付いて いない。 彼女は、元は人間である。種族が違うのである。 魔族と人間・・・一族に迎えられた人間では寿命も違いすぎる。 ルキアはその『種族の違い』に思い悩んでいた。 (・・・やっぱり、リリアはここにいるより人間として外の世界で暮らしていくのがいいかもしれないな・・・・・・。リリアの他にも人間で我...
2021年12月4日Novel二階堂悠理
Read More

Destiny ~Catastrophe or Ribirth ~ 2

 ルキアは神殿をあとにしてからすぐさま、リリアの要望通り、一時的な封印具を作ってもらえないかという依頼を叶える為に父の工房へと足を運んだ。 彼の父は『巫女がお望みとあらば…』と、彼女の望みに適うものを作ると言って早速作業に取り掛かることにした。 ちょうど他のオファー分の作成が一段落した所だったのだ。  リリアはというと、依頼をルキアに頼んだその後も巫女としての責務を全うしていた。      第二章、守護宝石 「暇だなあ…。今日は謁見もなくて他にすることもない…」 今日は珍しく、日が高くなる時分だというのにまだ誰も拝謁に訪れていないのである。 普段なら、早朝から日が暮れるまで、時には宵の口にも宣託やカオス様に謁見しに訪れる者がいるのだけど…。 今日は違ってまだ誰も来ないのだ。…さすがに、仕事がなくてやることがない。 ただひたすら、占いをするだけにも…。依頼が無い事には限度がある。 「誰か話し相手いないかな…」 私はつい、一人愚痴をこぼしてしまった。 早朝から一人寂しく作業していたけれども、流石に集中力が途切れてしまった。 ルキアに守護宝石の製作依頼を頼んでから彼是二週間は経過していた。 「依頼、断られたのかな…」 とは言ってみたものの、彼の性格上、断られた時はそのことを伝えに来るはず。 それが何の連絡もない、イコール… 「……製作中…か」 私はぽそりと呟いた。 「なんのことですの?リリア様」 何とはなしに呟いた独り言にまさかの背後からの呼びかけ。 予想外の出来事に私は思いのほか驚いてしまった。 それはもう、己の背後に「ドキイイイイッ!!」という効果音が出るくらい。 この声は… 「び、びっくりしたー…。 な、なんだ、テラじゃない。驚かさないでよ」 あ、テラとはこの神殿に住み込みで巫女の手伝いなどをする世話女の一人。 彼女は16歳くらいの年齢で、世話女の中では最年少の子。 「何か後ろめたいことでもあるんじゃないでしょうね~?」 「何のことかしら?ナディア」 ナディア、彼女も世話女の一人。年齢は24歳くらい? ナディアは一時は巫女を目指していた為、拾われ者の私が巫女になってしまったときにはそれは物凄く悔しがっていた。 追記するならば、その為、事ある毎に何かと口煩くいちゃもんをつけてくる。 「巫女ともあろう者が、心に隠し事があってはいけないのよ? あんたそこの所、理解しているでしょう?巫女になってからもう6年も経つのよ!」 「あー、はいはい。分かってますよ」 ありゃりゃ、ナディアお得意のいちゃもん攻撃(口撃かも?)が始まっちゃったよ。 今日は短く済むと良いけど。 あ、彼女は基本的には真面目なんだと思う。ただ、巫女になったのが私だったから、悔しくて口調が厳しくなっちゃうんだと私は思っ てる。本来はサバサバとした良い人なのだ。 「じゃあ話してみてよ。何を依頼したのか」 おお?!今日は短く済んだか? 「……ルキアのお父さんに私用の守護宝石を作ってもらえないかどうかを、ルキアを通して頼んだの」 「?なんでさ」 私の返答に小首を傾げるナディア。 私は、理由を知らないナディアとテラに、二週間前にルキアに頼んだときのことを打ち明けることにした。 「なるほどねえ…。確かにあんたの羽、感情に左右されて生えるから…」 「そうですわねえ…。リリア様のお考えは正しいですわね」 「で、私が呟いていたのはその事。お分かりいただけたかしら?」 私は満面の笑みを浮かべて2人に説明を終えた。...
2021年12月4日Novel二階堂悠理
Read More

Destiny ~Catastrophe or Ribirth ~ 1

とうとう、ここまで辿り着いた…。 一年前、あの人から下界へ連れて来られて…。 あの遺跡から遙か彼方にある小さな村に私一人を残して去って行った。 あの人は「戻って来てはいけない」そう言い残して。 あれから一年… 良い思い出は何一つなく、辛く苦しいものだった。 ある村では余所者は村八分。無視されることが多々あった。 時には子供達から石を投げつけられることもあった。 元いた遺跡を求め、方々を旅して廻った。 それは、とても長い道程だった。なにせ、探し出すのに一年もかかった…。 だけど。 やっと見つけた。私が居た遺跡…。 その名は…カオティック遺跡という。   遺跡の中でも奥深く、神殿の最下層に私は居た。 その遺跡は、遙か昔に建てられた物で、神と魔の両極性を持つ者、カオスを崇める物だった。 そして、いつからか、その場所にとある魔族達が住み着いた。 その魔族達は、神殿のあるこの場所が気に入ったらしく、それからずっと住み着くようになった。 なんといっても、この神殿の守護神は、彼等魔族の主カオスと同一の存在だったのである。 そして、長い年月が過ぎ……この遺跡の入り口に、籠の中に入れられて女の赤子が捨てられていた。 その籠には名前が書かれていた。 ――『リリア』――――そう、私である。 第一章、魔宮 私はその遺跡に住み着く魔族に拾われて、魔族として育てられた。そして月日が流れ…。 12歳の時に養父母から真実を聞かされた。 「これも我らの主、カオス様の思し召し。 そなたは神殿の巫女になるためにこの場所に遣わされたのであろう」 「そなたはこれから、神殿で暮らし、カオス様の巫女として仕えるのが一番良いだろう」 ―――と、いう事で、遺跡の一番奥深くにある神殿に、巫女として仕えることになった。 それから6年。私は、人間で言えば18歳になっていた。 ある日、幼馴染として育った魔族の青年、ルキアがカオティック神殿にやってきた。 「ルキア、久し振り。今日は拝謁に来たの?」 「ああ。あんまり謁見には来てなかったからな。たまには良いかなと思ってさ。 滅多に参上していないのも、我らの主、カオス様の気分を害してしまいそうなんでな」 「そんなことはないと思うけど…」 『やれやれ』といった風情で茶化しながら言うルキアに、私はそう返した。 「それに…」 「?」 「あまりにも拝謁に訪れないようではそのうち罰が当たるぞって皆が口々に言うもんだからさ。 じゃっ、行ってくるよ」 少しおどけた素振りでそう言うと、ルキアは謁見の間へと向かって行った。 「うん、行ってらっしゃい!」 彼のその仕草に吹き出しそうになるもなんとか堪えた私は去り行くルキアに声をかける。 その言葉に答えるかのように彼は手を上げ軽く振り、奥へと消えていった。 それにしても…ルキアって、定期的に神殿には来てるけど、カオス様には会ってなかったのね。 どうしてなんだろう? …でも、しどろもどろに話を続けるルキアってなんか… 可愛いかも。あ、笑いがこみ上げてきそう。 占術にいつも用いる水晶玉を見ながら、暫くボーっと、本当に、ただ何気なく眺めていただけなのだけど。 「?何をしているんだい?」...
2021年12月4日Novel二階堂悠理